蕾ヒラクハ紅ノ花(武田弘光)

comimega201002-horz


コミックメガストア 2010年2月号収録。

下品な堕ち描写に定評があり、一般漫画でも活躍中の武田弘光先生の名作。

気の強い清楚系剣道女子がデブおっさんに心身共に寝取られる展開がエロい。


──────── ストーリー ────────

主人公が想いを寄せる先輩・椿は女子剣道部の部長。
1か月前に起きた暴力事件により廃部の危機に瀕していた男子剣道部を救った皆の憧れの的。

ある日の練習中、校長より呼び出しを受ける椿。

どこか椿の態度に違和感を覚える主人公であったが、追いていくわけにもいかず、何でもない気のせいだと言いきかせた…。

場面変わって、準備室。

下着姿でマンぐり返しの格好をさせられている椿。

「では始めようか 椿ちゃん♡」

悔しがりながら校長の愛撫を受け入れる。

「フフ 期待していたか?クリをこんなにしてなぁ…」
「違っ!! あっ♡」

そのまま簡単にイカされてしまう。

実は、一月前男子剣道部のトラブルを納めたのは校長の尽力であった。

取引条件は、PTA会長に口利きをしてやるかわりに体を自由にさせること。但しキスや貞操は守る。

「愛しの後輩クンのためだよ」
「っ!! 最低な男だ……貴方は」

椿は受け入れるより他なかった。
期限は大会が終わるまで。

その日から調教の日々が始まった。
ある時は教室で、ある時は男子トイレで、
あらゆる場所で弄ばれ汚され続けた。
ついには主人公の横で密かに後ろの穴を犯されてしまう。

身体にも変化がおこっていた。
校長の愛撫を受けてはイキ狂い、アナルSEXで中出しされながらだらしなくアへ顔をさらしてしまう。

そして契約期限の2か月後、大会3日前。

両親不在の自宅にて、椿は犯されていた。男を誘惑するエロ下着をつけ、普段の椿とは真逆の女らしい髪形。

「こんな恥ずかしい恰好をするとは 旅行中のご両親が泣いてしまうぞ?」

「こ これは校長がぁ 着ろって…んっ♡言うからぁ…」

(こんなみっともない恰好で男を連れ込み、剣道部にも行かないで何をしているんだ…)

(本当に身も心も変えられてしまった──この男に…このヒト好みに)

そして校長より、期限満了、関係解消が言い渡される。

「この関係も今日あたりが潮時じゃからの 記念にワシのチンポが欲しくないか?」

「わか…りました。せっSEXは…んっ♡好きな人と…好きな人とだけだからぁ んんっ♡」

「そうじゃ。初マンコは好きな人とヤラんとな!」

「…だから…お…オマンコしてくれ!!私の処女を…奪ってください…」

遂に、頑なに守ってきた処女を捧げることを宣言してしまう。

ここでネタばらし。

実は男子剣道部の暴力事件は校長の策略で、PTA会長もグル。すべては椿を手に入れるため校長が画策したものであった。

一度は我に返りかける椿だが、校長の巨根で突かれあっさりと敗北宣言。

そして大会当日に主人公の告白を断り物語は終幕となる。

──────── 総    評 ────────

得点:76点 ランク:(61~80)

関係性:★★★☆☆☆☆☆☆☆ お互いに想いあっている恋人未満的な関係。

身堕度:★★★★★★★★☆☆ 簡単にイキ狂いアへ顔を晒す。授業中でも感じてしまう身体に。

心堕度:
★★★★★★★★☆☆ 専用肉便器宣言。

別離度:
★★★★★☆☆☆☆☆ 恋人にはなれないと告白を断る。

寝取度:
★★★★★★★☆☆☆ 1話完結で展開がわかりやすい。清楚から事後のギャップが良い。



a-m(cottage)

RJ107525_img_main

コンシューマーゲーム「アマガミ」の同人CG集。

絵が原作に近く、質・量共に文句なしの出来。

特徴として、セリフが無い。

エピソードが四段階に分かれており、

1.主人公との絡み
2.おっさんとの絡み(やや嫌がり)
3.おっさんとの絡み(堕ち後)
4.おっさんとの絡み(ボテ腹)

の順。

表情等で展開が判るのでセリフが無くても特に不満はない。というより無いほうがエロい。

RJ107525_img_smp3


NTR寄りにボリュームを割いており、シチュも原作に絡めているため、原作が好きな人にはおそらく刺さりまくる。

(※但し原作パッケージヒロインの綾辻、七咲、中多、上崎、美也は登場しない)



──────── 総    評 ────────

得点:80点 ランク:B (61~80)

関係性:
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 原作依存。

身堕度:★★★★★★★★★★ 首輪をつけボテ腹SEX。

心堕度:
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 心理描写無し。

別離度:
★★★★★★★☆☆☆ キモおやじの所有物に。

寝取度:
★★★★★★★★★☆ 二次創作ではトップレベルの完成度。


今更ながら、第2弾を切に希望。



アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ